てきとーに書くブログ

ゲームやアニメをてきとーに語るブログ

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーロボット大戦K プレイ日記おまけ

2009-03-31-Tue-22:43
スパロボKの感想とか総評とか。

書き忘れていた撃墜数ランキング(ラスボス撃破直前)
1位 キラ・ヤマト 183機
2位 ミスト・レックス 178機
3位 ヴァン 177機
以下ダイヤ、セレーネ、ゲイナー、ロール、ネロと続きます。

当初はもっと簡単に書くつもりだったんですよ。
なんでこんな長さになってしまったのやら。正直疲れました。
まあ駄文ですが、最後も長々と。 グラフィック
J、Wと携帯機でもよく動くようになり、Kではカットインを多く使うようになりました。
戦闘アニメに関しては「スタッフ頑張りすぎ」と言いたくなる出来だと思います。

サウンド・BGM
BGMはどれも良い出来だと思います。というかZが酷かった。
オリジナルは特にシェルディア前期の『Spring Breeze』が好きでした。
しかし、一部のマップBGMに盗作疑惑があるのは…

シナリオ
ぶっちゃけると、全体的に見てかなり酷い出来だなと思いました。
特にキャラの言動とシナリオの流れがお粗末。
適当にぼかしながら書いてたのでプレイ中は中和されてたような気がしますが。
そして多くの伏線未消化。二つの地球の関係について全く触れてないような…

まあいくつか面白かった話はあったのでそこだけは評価。
でももうこのシナリオライターは起用しないでください。

システム
カーソルが滑らかでないのを除けば基本的にいつもと同じ。
ただ、PUシステムは結構不満。
パートナーを組んだ場合、特に中盤以降はメリットよりもデメリットの方が大きい。
というかアタックコンボの重要性が大きすぎる。
このシステムのおかげで援護攻撃と援護防御が死にスキル。
序盤の撤退ボスを倒すときくらいしか役に立ちません。
逆に単機だと味方が1機撃墜するだけで気力が2上がるという素敵仕様。
2,3ターン目には単機のユニットは気力150になってることが多いです。

どちらかというと敵の数を増やし、アタックコンボで敵をまとめて倒すためのシステムじゃないかと思いました。
OGSのツインバトルみたいにサブ同士で戦闘ができればよかった。

ゲームバランス
2周目1話をやったら妙に難しく感じました。
まあ序盤より終盤の方が簡単なのはいつものこと。
sれと全体的に燃費が悪いのと宇宙Bのユニットが多いのが気になりました。
というより地形適応の差が大きすぎる。

オーバーフロウ、銅鐸パワー、SEEDなどがかなりのバランスブレイカーでした。
どいつもこいつも与ダメ25%増。
おかげで補正がないゾイド、ゴーダンナー、キンゲあたりが低火力に感じました。


続いて作品別。


破邪大星ダンガイオー
原作終了後ながらギルがかなりシナリオ上で目立ちましたし、ダンガイオーも4人乗りで強力なユニット。
特に不満はありません。

OVERMAN キングゲイナー
だいぶ話をカットされてたうえに結構改変されてます。
でもZより多くのオーバーマンが出てきたのは良かったと思います。
キンゲは宇宙に出ると急激に弱く感じる代表。S→Bだから。

蒼穹のファフナー
今回のプレイではフェストゥムとは一度も戦わなかった=ファフナーのシナリオは分岐の時にしかやらない。
デフォはバッドエンド。隠しでハッピーエンド(しかも複雑な条件)。
どう見ても冷遇です。本当にありがとうございました。ノーマルエンドくれよ。
原作見てないから思い入れは無いけど、ファンは怒るんじゃないかな。
ユニットはマークザインとマークジーベンが使いやすかったです。

電脳戦機バーチャロンマーズ
何気に今作のシナリオでかなり重要だった作品。サルファの空気参戦が嘘のようです。
ただチーフがサルファよりだいぶ弱体化してて残念。
In The Blue Skyは名曲。初代でも流れてたので思い入れが強い。
ダッシュのSE大好き。

機動戦士ガンダムSEED
機動戦士ガンダムSEED DESTINY

種はユニットのみ。何のユニットかよくわからないけど。
種死はいきなりデストロイ+中盤で終了という扱いですが、キャラの扱いとユニットはかなり優遇。
原作話終了後もそれなりに出てくるキラやシン。アスランは…ギャグ要員かな。
過去最高に凶悪なSEED補正、外道マップ兵器を持つストフリ。
応援祝福修理補給という万能戦艦エターナル。

そしてなんといっても総司令カガリ。中盤以降ほとんどカガリ中心で自軍は動いてます。
シナリオライターはどんだけカガリ好きなんだよってくらいの優遇。
もうスーパーロボット大戦Kagariなんじゃないかって思う。

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
1話で終わる話。スターゲイザーはザコ退治で大活躍しました。
でも加速、集中、熱血と重要な精神コマンドがソルに偏ってるのは困った。

マジンガーZ
空気参戦。
燃費悪い・移動力低い・命中率低いという三重苦によって中盤で二軍落ち。
数少ない祝福所持者であるさやかの方が重要。
でもマジンパワーあるし、ちゃんと改造したら強力なユニットになってたかもしれません。

ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU
序盤から頻繁に話に絡み、重要なところは大体やってくれました。
戦闘アニメの凄まじい原作再現っぷり。
数々の合体攻撃。
そしてガイキング・ザ・グレートの強さ。
おそらくKで一番優遇されてたと思います。

ただ欲を言えば原作13話のダイヤvsノーザはやってほしかった。
ノーザ初登場でいきなりクローズドフェイスやっちゃったし。

鋼鉄神ジーグ
シナリオ的に優遇されてたのかはよくわかりませんが、最強ユニットの一角であったことは間違いないと思います。
何より初登場時から銅鐸パワーがあるのはデカすぎる。
それとビッグシューターが頻繁に落とされかけて困った。常時ひらめき。

ゾイドジェネシス
序盤でジェネレーターの話をやったと思ったらすぐにワープ。
そのまましばらく話は進まず、ようやく戻ってきたと思ったら分岐の間に終了。
ちっとも成長した気がしないルージ君。
空に手が出せず火力も低いゾイド達。
ゾイド参戦が話題にされてたけど冷遇。

ユニットはデッドリーコングとバイオヴォルケーノが結構強かったです。
ライガーは最後まで使ってたけど微妙でした。むしろ弱いレベル。

神魂合体ゴーダンナー!!
神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON

終盤まで武装もBGMも変わらず、夫婦で組んでると加速が使えないので微妙。
ただ話には結構出てきましたね。
ルウ可愛い。

ガン×ソード
・レイがかなり微妙な扱い
・そのレイが死ななかったので成長せず最後まで空気読めないジョシュア
・ガドヴェド→ウーの間が長すぎる
・終盤の宇宙戦が無かった
これらを除けば概ね満足。
オリジナル7の話は大体やったしダンやエルドラも強力なユニットでした。
戦闘アニメも良い感じ。
まあ宇宙行ってもダンが宇宙Bなので直してくれないと困りますが。

オリジナル
正直今回はかなり駄目なタイプのオリジナルだと思います。
といってもイディクスは好きです。ミスト達が酷すぎた。
前にも書きましたが「駄目だこいつ(ry」「まるで成長(ry」とか何度思ったかわかりません。
あと例の迷言でビンタ食らって以降、事あるごとに「俺は地球のために戦う!」と言うのが結構ウザかった。何か悟ったような性格になってたし。
Dのジョッシュ、Jの統夜、Wのカズマと好感の持てる主人公が続いただけに残念。

レヴリアスの頃はミストがスーパー系精神ばかりだったので困りました。
ソルヴリアスは今作ではかなりの強ユニットだと思います。
流石にG・ドラコデウスやヴァルザカードと比べたら可哀想ですが。

それと、実はソルヴリアス・レギーナのクリスタル・ハートはバリア強化なので
クリスタル・ミストはそれほどチートってわけでもなかったんですよね。


主にシナリオ面に不満が残る内容でしたが、戦闘アニメやBGMは良い出来なのでクソゲーと嘆くほどでもないかと。
動画サイトで見れば事足りるとか言っちゃいけません。

なんとか3月中に終わってよかった。
後は暇な時にでも2周目をやろう。シェルディアルートだと色々変わるみたいだし。

4月からは普通の日記とかアニメ感想とか書いたりしてると思います。
また何かゲーム買ったらプレイ日記とか書くかも。

最後に、2chロボゲ板の本スレでお馴染みの画像を貼ってスパロボKプレイ日記を終わりたいと思います。
最初見たとき吹いたw

スパロボKまとめ

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。